耐震等級3の安心を~テクノストラクチャー工法が地震に強いヒミツ~

こんにちは、A&Cテクノハウスです。当社では地震の多い日本でもお客様に安心して暮らしていただけるよう、パナソニックの「テクノストラクチャー工法」を採用しています。なぜテクノストラクチャー工法が地震に強いのでしょう? 今回は、そのヒミツの一部をご紹介しましょう。
テクノストラクチャー工法は基本的に木造住宅で、そこに鉄の梁を組み合わせています。立った状態の木材は上からの荷重にとても強いのですが、横に倒した木材の上に人が乗るとしなって歪んでしまいますよね? そこに着目し、柱は縦向きの強度に優れた木材で、梁はしなりに強い鉄骨を組み合わせて作った住宅が「テクノストラクチャーの家」です。
一棟一棟の設計に対し、法律上2階建ての木造住宅には義務付けられていない「構造計算」を実施。「耐震強度3」の強度を持つことを確認しています。耐震等級3は最上等級にあたり、災害時に拠点となる消防署や警察署に義務付けられているのと同等の耐震性です。一棟ごとにコンピュータで災害シミュレーションを実施した、構造計算の保証書をお付けするので、ご確認ください。

木の梁に比べて木と鉄を組み合わせた「テクノビーム」は、柱や構造壁が少なくても十分な強度を確保。すっきりとした大空間を実現することも可能です。邪魔な柱や壁を入れず、自由な空間設計ができるので、新居に対する夢もさらに広がりますよね! 通常なら設計がある程度制限される形状の敷地でも、無駄なく生かしたお家が建てられます。

「広島は地震が少ない」と思われがちですが、何十年に一度の大災害が起こったときに、「運が悪かった」といって諦めることはできません。大切なご家族と財産を守るために、安心設計の住宅なら当社にお任せください。