確かな構造がもたらす理想の空間設計

皆さんこんにちは、A&Cテクノハウスです。当社は新築注文住宅を専門に手がけており、モデルハウスを除いて建売住宅は一切提供しておりません。納得できる家づくりには、ヒアリングからのプランニングが欠かせないと考えるためです。

ヒアリングでお聞きしたライフスタイルやお施主様ご自身の希望を叶える際、強みとなるのが「確かな構造」です。「関係あるの?」と思われるかもしれませんが、構造に強度がなければ柱や壁などの構造材が多数必要になり、自由な設計ができません。

当社で標準採用しているパナソニックの「テクノストラクチャー工法」は、木と鉄の複合工法。柱には垂直方向の力に強い木材を用い、梁にはたわみにくい軽量鉄骨を用いた「テクノビーム」を使用することで強度を高めています。

テクノビームは強度が高いうえに、長期にわたってたわむことなく構造を支え続けるので、最大幅10m、最大天井高3.8mの大空間を作ることが可能。構造上必要な壁や柱が最小限に抑えられるので、自由な間取りが実現できます。間仕切り壁の位置は梁に沿って自由に決められるため、将来的な家族構成の変化に合わせたリフォームも自由自在ですね。

通し柱を作らず梁によって強度を確保しているため、1階と2階の間取りを合わせる必要もありません。しかも、法律上2階建て以下の木造住宅では義務化されていない「構造計算」も全棟に実施し、最高等級にあたる「耐震等級3」を実現しているので安心です。

R壁や斜め壁、床面の高さを変えて収納を設けるスキップフロアなどにも対応できるので、構造で妥協することなく理想の空間が実現できそうですね!

一生で一番大きな買い物だからこそ、大切なお客様に納得していただける住まいをご提供したいと考えております。まずはご希望をお聞かせください!