建物を蝕む水のお話~テクノストラクチャーの結露対策~

こんにちは、A&Cテクノハウスです。6月といえば梅雨の季節ですが、皆さんは建物の傷みをもたらす大きな原因のひとつが「水」だということをご存じですか?

水分が多いと木材は腐食しますし、鉄筋コンクリート造の建物でも内部の鉄筋が錆びて膨張することでコンクリートを破壊(この現象を爆裂といいます)します。どんな構造でも、建物の強度を保つためには水対策が欠かせないわけです。
雨に対する備えも大切なのですが、近年では高気密高断熱の住宅が普及してきたことにより、結露対策が重要な課題となってきました。気密が高いと風通しがなく、結露が起きやすい環境になるためです。
当社で採用しているパナソニックの「テクノストラクチャー工法」では、この結露対策にも万全を期しています。
結露は室内外の温度差と湿気の停滞が重なることで生じる現象。テクノストラクチャー工法では、「換気による湿気の排出」と「構造部分の断熱」という2つの方法を使い分けて結露を防いでいます
軒下に通気口を設けることで、天井と屋根の間にある小屋裏から自然に湿気が排出される「小屋裏換気」。基礎部分に全周通気口を設けることで、コーナー部分の湿気だまりを防ぐ「床下換気」。木と鉄を組み合わせた梁「テクノビーム」への結露を防ぐ断熱材の施工。室内との気温差で結露が生じやすい外壁にも通気層を確保し、湿気の排出を促しています。
しかもこれらの工法は、室温にあまり影響を与えません。断熱性を保ったまま、結露対策をしてくれるのです。
水対策を万全にすることで建てたばかりのときだけでなく、長期的な建物の強度の維持が可能になります。「せっかく建てるなら、長く価値が維持できる家がいいな」とお考えの方は、一度当社にご相談ください。