広島県で地震に強い家 テクノストラクチャーの家とは?

こんにちは、A&Cテクノハウスです。当社では標準工法として、数ある建築工法の中からパナソニックの「テクノストラクチャー」工法を採用しています。

テクノストラクチャーはこれまで通り木材の柱を使い、梁に鉄骨を使用する工法です。

鉄は水平方向の荷重に対する強度もあるため、柱の間隔を最大6mまで広げることが可能となりました。柱と梁はロットピンという金具でしっかりと固定しており、1階と2階を貫く通し柱がなくても十分な強度が確保できます。

家の強さを科学的に確認する「構造計算」を1棟1棟実施し、テクノストラクチャーの家は建設されます。負荷のかかるすべての部位の強度とバランスを十分に確保できるよう、388項目にも及ぶ緻密なチェックを行っています。

さらに計算に用いる「偏心率」という数値は法律より厳しく設定されていますが、警察署や消防署と同等の「耐震等級3(最高等級)」の性能で、地震に負けない強い家を約束します。

また建物自体の断熱性能を求めるとともに、パナソニックの技術を活かして給湯や空調、照明などの機器にも高い省エネ性能を実現し、快適に安心して暮らせる長期優良住宅の仕様となっています。

テクノストラクチャーの家は、大きな吹き抜け、柱なしの大空間、スキップフロアなど、部材の強さを生かした大胆な空間設計が可能です。

家族構成や暮らし方、将来のライフプランにあわせてデザインすることで、ご家族のライフステージにあわせて暮らしを彩る家づくり

当社では豊富な建材、機能的な設備機器の総合力で家族の願いが叶う注文住宅をご提案します。