家を建てるなら今がチャンス!~コロナで住宅ローン減税の期間延長~

こんにちは!A&Cテクノハウスです。

住宅ローンの利用を検討している方にとって、気になるのが「減税制度」ではないでしょうか。住宅ローンの減税制度について正しく知っておかないと、損をしてしまうおそれもあるのです。

毎年払う所得税や住民税が安くなる住宅ローン控除、その恩恵を最大限に受けるなら今なんです!

「住宅ローン減税制度」とは、住宅ローンを使って家(自宅)を購入後、6カ月以内に入居すれば、10年間毎年所得税から控除されます。控除される額は限度額があり(長期優良住宅の場合最大控除額がアップします)年末の住宅ローン残高の1%で、所得税から引ききれなかった部分は、住民税からも差し引かれます。

現在、適用される期間が、昨年の消費税増税に伴い 10年 →13年 に期間限定で延長

今年2020年12月31日までの入居が条件となっていました。

ところが!新型コロナウイルス感染症の影響による特例措置の要件として、

期限内である2020年12月31日まで入居できない場合、注文住宅の新築だと 

2つの条件をクリアすると、その期限が来年2021年12月31日までに延長になります。

  • 注文住宅の場合の2つの条件とは、

①今年2020年9月30日までに契約

②2021年12月末日までに入居すること

今年中の入居が間に合わず、“13年間住宅ローン減税を受ける”ことを諦めていた方、期限が1年延びたことで対象になる可能性大です!

住宅ローン控除の適応条件は新築や中古、リフォームによって異なります。

くわしくは国税庁のホームページをご覧ください。

A&Cテクノハウスでは、家づくりに関するさまざまな疑問にお答えしております。

土地探しやリフォームのご相談も可能ですので、お気軽に問い合わせくださいね。