実りの秋を告げるお祭り♪~大頭神社秋例大祭~

皆さんこんにちは、A&Cテクノハウスです。今年の夏は激しい暑さが続きましたが、朝晩の冷え込みが厳しくなり、すっかり季節は秋になりましたね。今週末は、当社の地元・廿日市市大野で秋を告げる恒例のお祭りが開かれます。

「大頭神社秋例大祭」

2018年10月27日(土曜日)18時~:烏神太鼓、神楽奉納

2018年10月28日(日曜日)10時~:祭典、みこし奉納など

場所:大頭神社(廿日市市大野5357)

この神社では、日本書紀に登場する伊邪那岐命(イザナギノミコト)が火之迦具土神(ヒノカグヅチ)を斬った際、その首から誕生したといわれる大山祇命(オオヤマツミノミコト)を祭っています。頭から誕生した神様を祭っているため、大頭(おおがしら)神社なんですね。

推古天皇の時代にあたる西暦603年に創祀されたと伝わっている、歴史ある神社です。

実りの秋に感謝するお祭りなので、神輿や太鼓、神楽、巫女の舞で境内はとっても賑やか!

参道にお祭りならではの屋台が立ち並び、さまざまなグルメが堪能できます。土曜は夜の23時ごろまで夜神楽が奉納され、幻想的な雰囲気も味わえますよ。日曜には広島工業大学の学生による合気道の演舞も行われます。

実は当社と大頭神社にはふか~い縁があります。毎年社員全員で初詣に出かけるほか、当社のお客様が地鎮祭を行う際も大頭神社の神主さんにお願いしているんです。

参道の両脇にずらりと出店が並ぶ風景は、秋の大野ならでは。皆さんも歴史ある神社で行われる伝統の行事に、ぜひ参加してみてくださいね。