分譲住宅(建売住宅)と注文住宅の違いとは?メリット・デメリットを考える

こんにちは、広島県廿日市市の工務店のA&Cテクノハウスです。

今回は、分譲住宅(建売住宅)と注文住宅の違いの話をしたいと思います。

分譲住宅(建売住宅)と注文住宅の違い/メリット・デメリット

まずは、分譲住宅と建売住宅の違いの説明をします。

今では、ほとんど同じ意味で使われる場合が多いのですが、

建売はその名の通り土地に家を建てて売る家のことを指します。

それに対して、分譲とは分けて譲る(ゆずる)という意味なので、

ある程度大きな土地を分割して家を建てることを言います。

つまり、1つの土地では分譲ではなく、建売になります。

ただ、10区画でも100区画でも2区画以上であれば、分譲になりますが、

分譲も建てて売るものなのので、建売住宅ということです。

一般的には、大規模の建売住宅のことを分譲住宅をいう場合が多いですが、

ごちゃ混ぜに使っている場合がほとんどです。

それに対して、注文住宅とは、建売住宅とは違って、まだ建っていない家で、

これから注文して創る家のことを言います。

注文住宅と分譲住宅のメリット・デメリット

分譲住宅(建売住宅)と注文住宅の違い/メリット・デメリット

注文住宅のメリット

分譲住宅(建売)のメリット

●自分や家族の理想を追求した家を作ることができる

●世界に1つだけのオリジナルの家ができる

●自分で間取りや壁紙や建材などを決めていく楽しみがある

●土地も好きな場所を探すことができる

●施工業者を自分で選ぶことができる

●家が完成していく過程を見ることができる(家の構造部分がわかる)

●予算に合わせた家をカスタマイズできる

注文住宅のデメリット

●土地探しに時間がかかる

●一から打ち合わせが必要になるので、完成までに時間がかかる

●入居までに時間がかかるので、家賃などの費用が多めにかかる

●費用が分譲住宅よりも高くなる

●完成するまで、家のイメージが難しい

分譲住宅(建売)のメリット

分譲住宅(建売)のメリット

●既に完成しているので、実際の家を見ることができる

●既に完成しているので、引渡し(引っ越し)が早い

●既に完成しているので、住んだ時のイメージができる

●注文住宅に比べて、安い

分譲住宅(建売)のデメリット

●間取りや仕様が決まっているため、変更ができない

●周りの家とほとんど同じ外観

●土地を効率よく分割しているので、隣の家と近い場合が多い

●施工業者を選ぶことができない

●家を作る途中(構造部分)が見ることができない

一番大きな違いは?

分譲住宅(建売)のメリット

分譲住宅(建売住宅)と注文住宅の一番の違いは、

分譲住宅の場合は、家に自分や家族の生活を合わせて住むことであり、

注文住宅の場合は、自分や家族の生活に合わせた家を創って住むことの違いです。

これは、非常に大きな違いです。

分譲住宅(建売)のメリット

また、注文住宅に住むことの大きなメリットは、ネット上でもほとんど書かれていませんが、

実は、「生活を楽しもう」と思えるようになることなのです。

これまで、それぞれのメリットとデメリットを見てもらいましたが、

住んでからわかることが

この「生活を楽しもうと思える」ということの大切さなのです。

注文住宅に住み始めた人たちは、新しいことに挑戦したり、

昔やっていた趣味などを思い出してやり始める人が多いのです。

また、生活を楽しむためには、「自分たちに合う間取りと生活動線」が欠かせません。

詳しくは、下記をご覧ください。

家の間取りの問題点、家事動線の重要性とは?