今度こそ待ったなし!?消費税率のお話

こんにちは、A&Cテクノハウスです。「消費税率アップ」の話ってしばらく前はよく耳にしていたのに、最近あまり聞かない気がしませんか? でも、実は家を買う人にとってはすぐそこまで迫っているお話なのです。

消費税率は、2019年10月に10%にアップすることが決まっています。消費税率8%で注文住宅を建てるには、次のいずれかを満たさなければなりません。

1、2019年9月30日までに引渡しを完了する。

2、2019年3月31日までに建築請負契約を完了する。

2019年3月末までに契約が完了していれば、引渡しが10月以降になっても消費税率は8%のままです。つまり「確実に消費税が上がる前に家を建てたい!」と思うなら、あと1年ほどの間にハウスメーカーを決め、打ち合わせを済ませて建築請負契約締結までこぎつけなければならないということです!

同じ不動産の取引でも、土地の売買には消費税がかかりません。「土地は消費して減るようなものではないから」という理由です。つまり、建物部分の価格にだけ消費税がかかります。

つまり1000万円の土地に2000万円の家を建てた場合、消費税率8%時にかかる消費税は160万円。それが10%になると、200万円まで膨れ上がります。家を建てるときは金銭感覚が狂いがちですが、差額分にあたる40万円の現金を貯めようと思うと、案外大変ですよね!

消費税は本来、2015年10月に10%へアップされる予定でした。しかし消費が冷え込み景気回復を遅らせるのではないかという理由で、昨年(2017年)4月に増税時期が延期。さらに2019年10月に再延期されたのです。日本政府の財政状況から考えると、残念ながらこれ以上の延期にはあまり期待できません。

「来年の10月なんてまだ先の話でしょ?」と思われるかもしれませんが、直前になると駆け込み需要で建材が値上がりする可能性も。消費税率アップの影響を避けるには、やはり今がチャンスです! 当社では税金などの諸費用も含めた総額での見積もりをお出ししておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。