モダンとヴィンテージの心地よいバランス~M様邸施工事例~

こんにちは、A&Cテクノハウスです。新築注文住宅をご提供している当社では、確かな構造や安心の長期保証、パッシブデザインを取り入れた心地よさを大切にしています。デザイン面では決まったスタイルをあえて持たず、お施主様のご要望に合わせて柔軟なご提案をしてまいりました。

今回はそんな当社が手がけた住宅の中でも、お施主様のデザインに対するご要望を色濃く反映したお住まいをご紹介いたします。

M様はお知り合いのご紹介でご来店くださいました。構造に力を入れていることを知って、「安心して住める家にしたい」とご依頼くださったそうです。

インテリアには味のある木目のクロスや高級感溢れるタイルを用い、いわゆる「ブルックリンスタイル」をほうふつとさせるヴィンテージテイストに仕上げました。ところどころに散りばめられた和モダンテイストとのバランスが絶妙です。インダストリアルな素材感や直線のシャープな印象を、グリーンが軽やかにまとめていますね。そのバランスに、お施主様のセンスが光ります。トイレは狭い空間だからこそ、大胆なカラーリングで遊んでみました。

キッチンの横にダイニングテーブルを配置するスタイルは、配膳や片づけの際にとても便利。水回りの配置にも気を配り、家事動線を短くしています。リビングダイニングと和室をつなげれば開放的な大空間になるので、大勢の来客があっても狭苦しくなりません。こうした大空間が作れるのは、当社が木と鉄の複合工法であるパナソニックの「テクノストラクチャー工法」を標準採用しているからです。

間取りも自由に決めていただけますが、このお家のように和室とリビングが隣接するオーソドックスなプランはやはり使い勝手がよいですね。M様ご本人も、LDKの空間をとても気に入ってくださいました。

このお宅は「SUUMO注文住宅 広島・岡山で建てる」4月21日発売号(2018発夏)の中でもご紹介を予定しています。注文住宅の実例はプラン作りの参考になるので、そちらもぜひご覧くださいね。