スタッフ紹介|工事完了の瞬間が大好きです!

皆さんこんにちは、新築注文住宅を手がける当社A&Cテクノハウスです。お客様の大切な家を建築後もずっとお守りしていくためには、経験豊富なスタッフの起用に加え、新しいスタッフを育てることも大切ですよね。そこで今回は、昨年当社に入社したばかりの現場監督見習い・茶林(ちゃばやし)をご紹介いたします。

――――子どもの頃の夢は何でしたか?

大人に憧れていて、早く大人になりたい!とずっと思っていました。この歳になってみて、まだ想像していた「大人」になりきれてはいないなあ……と思います。

 

――お仕事内容について教えてください。

建築現場で、先輩スタッフから教わりながら施工監理の仕事をしています。下請け業者さんとの打ち合わせや工程表の作成などが主な業務ですね。学生時代に建築を専門に学んできましたが、現場で改めて勉強することも多いです。

 

――仕事への熱い想いやこだわり、仕事の好きなところは何ですか?

ひとつの住宅が完成するまでには、たくさんの人の協力が必要です。入社して間もないころ、自分がそれまで思っていたよりもずっと多くの業者さんたちが家づくりに携わっていることを知りました。その方たちに段取りよく作業を進めてもらい、無事工事が完了したときのうれしさは格別! この仕事が好きだなあと思う瞬間です。

――これまで携わられてきた仕事で、印象に残っているエピソードはありますか?

工程がうまく組めることもあれば、あまりかみ合わないことも。雨が続いて作業が進められない時などはやっぱり焦りますね。

――A&Cテクノハウスのいいところを教えてください。

当社の社員だけでなく、かかわるすべての方が安心と安全をモットーに作業を行ってくれるところです。やはり地元で長く信頼されてきた会社だからだと思います。

――最後に。お客様へ向けてのメッセージをお願いします。

一つひとつの経験を積み重ねて、お客様により良い家をご提供できるよう成長してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。