【自然のエネルギーを活用する家づくり、そのヒントとは?】

こんにちは!A&Cテクノハウスです。

季節もすっかり秋モードに切り替わり、空調に頼らず過ごしている人も多いと思います。

できるなら空調や加湿器などの家電に頼りっぱなしになるのではなく、自然な空気や風を取り入れながら暮らし続けたい

……あまりの心地よさにそう感じてしまう日々です。

そこで今回は、自然のエネルギーを活用する家づくりについてご紹介します!

風で涼しさを、採光で温かさを取り入れることは、暮らしやすさだけではなく省エネにもつながりますよね。

自然のエネルギーを活用するのなら、風通しがよく光を取り込める間取り・仕様を考えることがポイントです。

たとえば間取りでは、風の入口・出口を意識して計画することが大切で、それぞれ大きさのバランスを考えることも必要。

大きな入口でも、出口が小さいと風が十分に抜けません

さらに、吹き抜けなどを介して上下に流れる風の道を作ると、風通しがさらによくなります◎

そして、窓は大きさ・形の両方を意識することが大切です。

たとえば、同じ面積でも横長より縦長の窓のほうが光を奥深くまで届けることができます!

直接光が得られない部屋でも、反射拡散した光を取り入れればお部屋もグッと明るくなりますよ♪

A&Cテクノハウスが取り扱っている「パッシブデザインの家」は、自然のエネルギーを上手に取り入れる工夫がいっぱい

興味のあるかたは、お気軽にお問い合わせくださいね!