60年長期保証について Maintenance and warranty

60年長期保証についてMaintenance and warranty

「住む前より住んだ後」…暮らしの安心を長期にサポート
”テクノストラクチャーの家”は、地震に強い耐震住宅工法です。
A&Cでは広島県内初となる、最長60年長期保証で住宅の基本構造部分に関してサポート可能です。
専属オペレーターが24時間365日体制でサポートします。
01
60年長期保証とは
新築住宅は、引渡し後から10年間は保証を法律で義務づけられております。しかし保障期間終了後に施工不良が発覚しても、補修費用はお客様にご負担いただく形となってしまいます。A&Cは広島県で初めて、最長60年長期保証を導入し、お客様の生活を守ります。
最長60年長期保証システム 工事検査システム
最長60年長期保証システム 工事検査システム
02
保証内容について
● 新築⼯事の不具合が原因の基本構造部分 ※1 の構造と防⽔に関する補修⼯事 ※2
● メンテナンスやリフォーム⼯事の不具合が原因の構造と防⽔に関する補修⼯事 ※3、4
● 補修⼯事のために転居が必要なときの転居費⽤ ※5
● 事業者さまによる原因の特定が困難な場合の原因調査
延長に関する留意事項
・ 事業者さまに倒産等が生じている場合は、原則延長は出来ません。
・ 延長には当協会の承認が必要であり、必ずしも保証期間を延長できるわけではありません。
・ 適切な手続きを行わなかった場合は、長期保証が終了いたします。
03
保証期間について
● 引渡日より20年間。
● 20年以降は、5年または10年の延長を繰り返すことで、最長60年の長期保証に対応。
延長に関する留意事項
・ 事業者さまに倒産等が生じている場合は、原則延長は出来ません。
・ 延長には当協会の承認が必要であり、必ずしも保証期間を延長できるわけではありません。
・ 適切な手続きを行わなかった場合は、長期保証が終了いたします。
04
保証限度額について
2,000万円 ~
※ 保証限度額は建物の価格によって変動いたしますので、保証限度額をご指定いただくことはできません。
05
廃業・倒産時に追加される保証内容
長期保証の期間中に、万が一事業者さまが「廃業や倒産してしまった」としても以下の保証が追加されます。
● 住宅に関するお問い合わせ窓口のご提供。
● 引渡日から1年目の定期点検の実施。※1
● 有償点検の手配と点検結果に基づくアドバイス。
● メンテナンスやリフォーム工事業者のご紹介。
● 図面等の複製データ保管と開示。※2
※1 すでに引渡日から1年以上経過している場合は対象外となります。
※2 データの毀損や消失等が生じないことをお約束するものではありません。
06
保証対象外となるもの
・ 劣化や自然災害等、事業者さまの工事の不具合が原因でない場合。
・ 当社が不適切であると指摘したにも関わらず住宅取得者さまが採用した工事等の場合。
ご不明な点はお気軽にお問合せください
住宅の保証体制は一般のお客様にはとてもわかりにくい部分も多数ございます。森大建地産では担当のスタッフが保証内容についてご説明させていただきますので、お気軽にお問合せください。

【参考サイト】一般社団法人MEASの「スマイノミライ新築一戸建て保証」 http://www.meas.or.jp
お問い合わせ・資料請求はこちらから
▶お問い合わせ・資料請求フォームへ