【廿日市市で地震に強い家を建てるなら〜テクノストラクチャーの家〜】

皆さんこんにちは、A&Cテクノハウスです。

台風、豪雨…夏から秋にかけて、今年もたくさんの自然災害が起こりました。

被災された方々には、心よりお見舞い申しあげます。

 

思わぬ自然災害によって家が倒壊するケースもあとを断ちません。

A&Cテクノハウスでは、自然災害の中でも“地震に強い家”としてテクノストラクチャー工法の家づくりに取り組んでおります。

 

テクノストラクチャーは、一棟ごとに綿密なシミュレーションや確認(構造計算)をおこない、耐震等級3に加え、制震のダブル対策で建物の揺れを防ぎます。

(※制震のテクノダンパーはオプションにて承ります)

壁量のチェック、基礎のチェック、壁の配置バランスのチェックは一般的な家づくりでもおこなわれていることですが、構造計算によって床の強度や基礎、各部位のチェックまできめ細かにおこなっている点がポイントです。



地震保険に加入していても、最大で建物価値の半分(限度額5000万円)までしか保証されないのがネック。

これから新築を考えていらっしゃる方は、保険だけに頼るのではなく、将来を見据えて地震に強い家づくりを検討してみてはいかがでしょうか?

 

ご質問、ご意見等ございましたら弊社担当者までお気軽にお尋ねください