【リノベーション、戸建てとマンションどっちがいい?】

皆さんこんにちは、A&Cテクノハウスです。

弊社では、注文住宅や規格住宅以外にも戸建てやマンションなどのリノベーションに対応しております!

中古住宅をリノベーションすることで、理想の土地に住める・コストダウンできるなどさまざまなメリットがありますが、「戸建てとマンション、どちらがリノベーションに向いているの?」と聞かれることも多いので、この場をお借りして少し説明したいと思います◎

★戸建てリノベーションのメリット

・庭やカーポートなどのプラスアルファが付いているケースが多い

・マンションのように上下階を気にせずにすむ開放感がある

・なにより土地を所有するステイタスが実感できる

一方で、マンションでクラスよりも冷暖房費がかかったり、防犯面に不安な面があることも。

★マンションリノベーションのメリット

・利便性が高いエリアで暮らせる

・メンテナンスが楽

・戸建て住宅のリノベーションよりコストがかからない

ただし、修繕費や駐車場代などが月々かかるケースもあるため、リノベーションの費用だけを見て安いと感じても、月々のコストがかかってしまうことも事実です。

戸建て住宅をリノベーションする際、マンションよりも構造が複雑ということもありコストがかかる傾向にあります。

ただ、物件そのものに自由度が高く個性的な物件が多いことを考えると、魅力も十分。

太陽光発電を搭載したい!という希望も叶えることができますよ◎

そして、マンションのリノベーションには2つの種類があります。

ひとつは壁や床、キッチンや浴室などの設備、配管などを取り払い躯体の状態から作り変える“スケルトン・リノベーション”、もうひとつは間取りや使える部分を残しながら改装する“インテリアリノベーション”です。

マンションの場合、一部の壁を取り外したり、備え付けの家具を入れるだけで住宅全体の雰囲気がガラリと変わります。



戸建てもマンションもそれぞれにメリット・デメリットが存在するので、予算やライフスタイルに合わせて施工をご検討ください。