【担当コーディネーターにインタビュー!コーディネートの魅力とは?】

皆さんこんにちは、A&Cテクノハウスです。

弊社ではデザイン性、耐震性にすぐれた住宅をご提案していますが、最近では提携しているコーディネーターの方にお客様の内装についてサポートをお願いしております。

そこで今回は、弊社にご協力いただいているコーディネーター秋田裕子さんにお話を伺いました!



―――秋田さんは普段どのような仕事をしている方ですか?

「基本的には、現場でお客様とコーディネートについて打ち合わせすることが多いです。それと、本職はオーダーカーテンをメインとした内装屋なので、コーディネーターとしてはもちろん、リフォームを担当させていただくこともありますね。あと、土日は『森のアトリエという生活雑貨のお店に顔を出すこともあります。」



―――『森のアトリエ』も秋田さんのお店なんですよね!

「そうなんです!今から5年半ほど前に念願だったお店をオープンしました。『森のアトリエ』は、インテリア雑貨や生活雑貨、カーテンを置いているお店です。たまに店内でコンサートなどのイベントをやるときもあるんですよ!お客様にご好評いただいていますね。」



―――とても素敵ですね!コーディネートの際、秋田さんのこだわりってあるんですか?

カーテンです。カーテンにはいろんな種類や柄がありますけど、そのなかでも布や素材にこだわっていますね。また、コーディネートにおいては“適材適所を意識する”そして“お客様の意思を尊重” することを大切にしています。」



―――適材適所を意識する、とは?

「家を建てるとき、夢が膨らみすぎて“あれもしたい!これもしたい!”ってなる場面がありますよね。でも、すべてにこだわっていたら費用だってかかってしまいます。だから、来客で使う部屋や玄関にはとことんこだわって“見せ場”を作り、お金をかけなくていいところにはかけない。このように適材適所を意識したムダのないコーディネートプランを立てていますね。」

―――お客様目線で考えていらっしゃるんですね……!

「そこが一番大切ですよね。お客様の要望は叶えてあげたい。でも、インテリアコーディネートはイメージが難しいんです。具体的にイメージできるのは、場数を踏んでからなので……。コーディネーターとして、過去の事例を紹介したりアドバイスをさせていただくことはありますが、最終的には分の意見を押し付けるのではなくお客様の意思を尊重するようにしているんです。内装は、カーテンやクロスの色・量でいくらでも雰囲気が変えられるので、お客様自身がイメージを膨らませられるようにお話していますね。」

―――たしかに!では、秋田さんの思うコーディネートの“魅力”とは?

「先ほどの話につながりますが、インテリアはどのようにも変えられるじゃないですか。家を建てるときもそうですけど、お客様の個性が形になるところが良いですよね。あと、間取りを見たら大体想像がつくんです。この方はこういうジャンルが好きなんだな、こういうキッチンや照明が好きなんだな、と。これは“作り手”として面白いですね!」

―――わかります!秋田さんから見たA&Cテクノハウスの印象はどうですか?

「山口さんと隅本さんに会うことが多いんですが、おふたりともお客様との密度が高い!密着型で、至れり尽くせりという印象でしょうか。物腰も柔らかいですし、顔を見てるだけでこっちまで笑顔になれそうです!お客様の対応もしっかりされているイメージがありますね。」

―――ありがとうございます!最後に、皆様へメッセージをお願いします!

「A&Cテクノハウスさんでコーディネートを担当させていただくことになりました!長年業界に携わっておりますので、ていねいにアドバイスさせていただきます。お困りごとや相談がありましたらお気軽に声をおかけください。」

―――ありがとうございました!

▽秋田裕子さんプロフィール

株式会社りかはうす 代表取締役

40年以上の業界経験を経て、23年前に独立。国家資格にチャレンジし、40歳で2級建築士の資格を取得する。広島市安佐南区祇園で『森のアトリエ』を運営し、雑貨屋をはじめボディケアやカフェを併設している。A&Cテクノハウスではコーディネーターとして活躍中。

森のアトリエ 店舗概要
場所: 広島県広島市安佐南区祇園5丁目3-26
電話: 082-836-5880
店休日:毎週火曜日
ホームページ https://www.re-ka-house.com