【季節ごとの情報をお届けします~季刊誌の発行を始めました~】

皆さんこんにちは、A&Cテクノハウスです。実は弊社はこの度、独自の季刊誌を創刊いたしました!



弊社は創業以来1961年の創業以来、50年以上にわたって廿日市市大野に本社を構えています。季刊誌「たちまち」は、世界文化遺産である宮島(厳島)の対岸にあり弊社が本社を構える廿日市市と、その周辺の「いま」を伝えるために生まれました。

創刊号の特集は、弊社が昨年7月にオープンしたばかりの温泉旅館「IBUKU(いぶく)」。先週こちらでもご紹介したように、宮島に一番近い温泉地「宮浜温泉」の中にある宿です。すっきりとした和モダンのインテリアの中、ゆったりとした時間を過ごしていただけます。

特集では瀬戸内の海の幸や山の幸をふんだんに使ったメニューや、この宿ならではのこだわりなどをご紹介しました。本館の客室は和洋室と和室をご用意しており、今年の春には12棟の離れもオープンする予定です。

弊社でお家を建てていただいたお客様には、定期訪問サービスの際に季刊誌をお届けします。また、弊社の運営する「宮島コーラルホテル」飲食店「わたや」「べにまんさくの湯」などにも季刊誌を設置いたします。これらに立ち寄られた際は、どうぞご自由にお持ちください。

廿日市の地には観光地・宮島だけでなく、美味しいお酒穴子、牡蠣、伝統工芸品のしゃもじ張子、けん玉など、全国的にみても高いシェアと品質を誇る特産品がたくさんあります。今後も季節に応じた旬な情報や地域のホットな情報をお届けしてまいりますので、どうぞお楽しみに!