質感にもこだわりを~フローリング基礎知識~

皆さんこんにちは、A&Cテクノハウスです。皆さんは、フローリングの種類についてどの程度ご存じですか?

 

フローリングは大きく分けて3種類あります。最も一般的な「シートフローリング」、天然木を削り出した「無垢フローリング」、そして表面に薄く削った天然木を貼り付けた「複合フローリング」です。

 

この中で最も安価なのは一度にたくさん作れるシートフローリング。合板や木材チップなどを樹脂で成形したMDF製の基材の表面に、樹脂製の化粧板を張り付けてあります。温度や湿度の変化に強く、そりや膨張があまり生じません。

 

木目を印刷してあるので一見木材に見えますが、天然木に比べるとやや質感が劣ります。

 

無垢フローリングは天然木を削り出すため大量生産が難しく、価格が上がります。調湿機能があり足触りもよいのですが、温度や湿度の変化で膨張やそり、割れが生じることも。天然水ならではの豊かな質感が魅力です。

 

複合フローリングには表面に0.2~0.5mm程度の薄い板を貼る「突板フローリング」、1~3mm程度の少し厚い板を貼る「挽板フローリング」があります。これらは天然木を化粧板として使用するため、無垢材に近い豊かな質感が得られます。無垢フローリングより安価で、そりや膨張のリスクもほとんどありません。

 

弊社で新しく建築したコンセプト住宅「RESUMU HOUSE(リズムハウス)」のモデルハウスには、突板フローリングを施工しました。天然木の優れた質感が、VINTAGEスタイルで統一された室内に高級感を演出しています。

 

実際の建築時はエイジング加工を施した無垢材などもご選択いただけますので、お好みに合わせてお選びください。

 

お部屋を見渡したとき、視界の多くの部分を占めるフローリング。そこにこだわることで、お部屋全体のグレードがアップして感じられます。その感覚を、ぜひ一度弊社のモデルハウスにてお確かめください。