【「消費税率アップ前」なら「今」!~注文住宅のラストチャンスは?~】

皆さんこんにちは、A&Cテクノハウスです。消費税率10%が施行されるまで、残り1年を切りましたね。新しい消費税率は2019年10月1日から施行されることになっています。

注文住宅を建てる場合、土地の部分には消費税がかかりません。しかし建物の部分や、土地を売買する際の仲介手数料には消費税がかかります。

例えば1,000万円の土地と2,000万円の建物について建築請負契約や売買契約をした場合、その消費税は8%時で160万円、10%時で200万円となります。法律上の上限まで仲介手数料がかかる不動産業者の場合、1,000万円の土地に対する手数料は税抜36万円(仲介手数料の上限は宅地建物取引業法で決まっています)。それに対する消費税は8%時で28,800円、10%時で36,000円となります。

「建物代+土地の仲介手数料」に対する消費税は、8%から10%になると40万円以上アップするわけです。家を建てるときは金銭感覚がマヒしがちですが、これって実は結構大きな金額ですよね!

消費税率8%で家を建てるには、「増税施行前に引渡しを終える」「2019年3月末までに工事請負契約を交わす」のどちらかに当てはまる必要があります。

家づくりのスケジュールの中では、半年間などあっという間。土地探しもまだという方は、それにも時間がかかります。また、実際の建築工事前には役所に「この建物を建てます!」という届出(建築確認申請といいます)をしなければなりません。適当な間取りで家を建てるわけにはいかないので、プランを検討する時間も必要です。

消費増税のタイミングが近づくと、「駆け込み需要」によって希望のスケジュールによる建築が難しくなるケースも。消費増税前に家を建てたい人は、今から積極的に家づくりを進めていく必要があるわけです。

当社ではパナソニックのテクノストラクチャー工法を標準採用しており、確かな構造でご家族の安心を支えます。分譲地「ココチヒルズ」をはじめとした土地のご紹介も行っているので、お急ぎの方もぜひ一度ご相談ください。