【建てたあとの不満No.1は「あの」部分!~収納計画で暮らしやすい家を~】

こんにちは、A&Cテクノハウスです。「家を建てたあとに不満が残った場所」について、さまざまな住宅会社やメディアがアンケートを取っています。その1位には、ほとんどいつも同じ不満が上がってくるってご存じでしょうか?

タイトルで答えをいってしまっていますが……そう、やはり「収納」に対する不満が多いんです! 収納の使い勝手や広さが、住みやすさに直結するんですね。



当社ではお客様にご満足いただける収納計画をご提案できるよう、スタッフが「住空間収納プランナー」の認定を取得しています。整理、収納といった「うまく片付ける方法」ではなく、「使いやすい収納プランを考える能力」を認定する資格試験です。

ご希望の方は、個別の設計プランごとに収納に対する第三者機関(日本収納プランナー協会)の評価を受けることも可能です(オプション対応)。

お客様のご希望のプランに対して収納評価認定書が交付され、各部屋についての評価や改善点が一目瞭然に。これを踏まえてプランニングを手直しすれば、より住みやすい家になりそうですよね!

収納スペースが十分にあっても、設置する位置や形状がしまうものにあっていなければ決して使いやすい収納にはなりません。収納計画が優れている16畳のリビングダイニングは、収納のない20畳のリビングダイニングよりきれいで広く感じられるんですよ。

家の中にあるものの数は、10年経つと倍近くに増えるという説もあります。今は持ち物の数が少ないお子さんも、10年経てば年ごろになり荷物が増えることに。「せっかく建てるならすっきり片付いた家にしたい!」と思う方は、お気軽にご相談ください。