リミット迫る!~消費増税前のラストタイミング~

こんにちは、A&Cテクノハウスです。消費税率が8%から10%にアップするといわれてずいぶん経ちましたね。増税時期の延期を繰り返したものの、現在は2019年10月1日に施行が決定しています。

消費税率がアップすると、当然住宅の購入に必要な額も変わってきます。

土地は消費してなくなるものではないため、注文住宅用の敷地を購入してもその代金に消費税はかかりません。とはいえ、例えば1000万円の土地と2000万円の建物を請負契約や売買契約をした場合、その消費税は8%時で160万円、10%時で200万円となります。

購入時期のちょっとした違いで、支払額が何十万円も変わるわけです。住宅ローンの借入額も変わってくるので、総支払額はそれ以上に違ってくる可能性もあります。

消費税率8%で家を購入するには、基本的に増税施行までに建物の引渡しを終える必要があります。しかし、注文住宅を建てる場合、完成時期が希望の工期でできない可能性もあります。そのため、経過措置として「2019年3月末」までに工事請負契約を交わしていれば、お引渡しが施行以後になっても8%の税率が適用されることになっています。

「なんだ、まだ半年もあるじゃん!」と思われるかもしれませんが、家創りのスケジュールの中での半年はほんとあっという間なので、余裕がある……とはとても言えません。

例えば、土地選びから家創りを進めている方でしたら、土地を確定することなく家は建てられませんのでその決定を急ぐ必要が出てきます。という事は、ちょうどこのタイミングで、ご希望に叶う土地がある事が大前提になってきます。

また、家を建てるべく建築請負契約を済ませても、役所に「この建物を建てます!」と申請(建築確認申請と言います)を出すために「図面確定」をする必要があります。適当な間取りで家を建てたい方はいらっしゃらないはずなので、ここも少しは時間をかけて検討をしたいものです。

おまけに、前回、前々回の消費増税時にも発生したのが「駆け込み需要」による希望のスケジュールでの建築ができなくなってしまうパターン。今回もこのパターンの発生は避けられそうにありません……。

当社ではパナソニックのテクノストラクチャー工法を標準採用しており、安心して住める確かな構造の住宅をご提供しています。分譲地「ココチヒルズ」をはじめ土地のご紹介も可能なので、このラストチャンスにぜひ一度ご相談ください。