ライフプランニング相談室~収入保障保険ってなあに?~

こんにちは、A&Cテクノハウスです。当社ではご依頼くださったお施主様を対象に、提携するライフプランナーによるライフプランニング相談を行っています。家づくりにまつわるお金の「困った!」「わからない……」を解決するべく、株式会社ヒグチ・ライフマネージのライフプランナー樋口健氏に、よくある質問に答えてもらいました。
 
A&Cテクノハウス:
こんにちは、よろしくお願いいたします! さっそくですが、「家を建てたあと万が一のことがあったらどうしよう?」という声が多いので、その対策について教えてください。
 
樋口氏
こちらこそよろしくお願いします。ほとんどの住宅ローンの金利には、「団体信用生命保険(団信)」の保険料が含まれています。住宅ローンを組んだ方が亡くなったり所定の高度障害状態になったりしたとき、返済が免除される保険です。
 
ただ、団信では住宅ローンの対策しかできません。残されたご家族の生活を考えるなら、「収入保障保険」への加入も検討してみましょう。契約者が亡くなった場合に死亡保険金が毎月定額で支払われる生命保険で、収入を補うことができます。
 
保険金を分割で受け取るので、保障額に対する保険料は格安。1000円程度で加入できるものもあります。
 
毎月の受取額が決まっているので、亡くなった時期によって受取総額が違ってきます。若いころはお子さんの養育費や生活費がたくさんかかりますが、年齢が上がると大きな出費の予定も減るので理にかなっているんです。「お子さんが小さい」「貯蓄が少ない」といった方におすすめの保険です。
 
A&Cテクノハウス:
なるほど、合理的ですね! 毎月受取額はどう決めれば?
 
樋口氏:
現在の収入からお施主様が亡くなった場合に受け取れる公的保障などを引けば、適性額が出せますよ。受け取る金額で保険料が変わるので、迷ったらお気軽にご相談ください。
 
A&Cテクノハウス:
住宅ローンにセットされている団信と、任意加入の収入保障保険。この両方があれば、家を買ったあとの生活も安心といえますね。樋口さん、今日はどうもありがとうございました。
 
樋口氏:
ありがとうございました。