A&Cの見積書~安く見せる工夫はしていません~

こんにちは、A&Cテクノハウスです。家づくりをご検討中の方で、「見積書を受け取っても金額しか見ていない」という方はいらっしゃいませんか? 実はそれはちょっと危険なことです。当社ではお客様に安心して家づくりを進めていただけるよう、見積書の作り方にも工夫を凝らしています。

 

家づくりはまとまったお金がかかるので、必ず見積書を取りますよね。その見積書には、決まった書式がありません。各建築会社が独自に記入する内容を決めているので、「この会社の見積書には入っているけど、こっちの会社の見積書には入ってない」という項目が出てくるのです。

 

家づくりに必要な費用は多岐にわたります。それらは建築会社が受け取るものばかりではないため、見積書に入れる項目を極力少なくし、金額を小さく見せかける業者もいます。でも、見積書の金額で選んだ業者にたくさんの追加費用を請求されると、お客様の資金計画が狂ってしまいますよね。「いくら追加費用がかかるんだろう?」と不安を感じながらでは、せっかくの家づくりも楽しくありません。

 

当社では見積書の中に、家づくりにかかわる費用をできる限り網羅して盛り込んでいます。例えば、建物本体以外の付帯工事(屋外給排水工事、電気工事、合併浄化槽工事など)や、登記に必要な司法書士報酬、印紙代、火災保険料、住宅ローン関連の手数料などの諸費用。こういった費用は必ずかかりますが、業者によっては安く見せかけるために入れずに見積書を発行します。

 

さらに外構工事やカーテン工事、エアコン工事、アンテナ工事などの料金も、実際にかかる金額をもとに見積書に盛り込んでいます。その分総額が高くなるので、見積書をお見せする際は「高く見えてびっくりされるかもしれませんよ!」と前置きをすることも。

 

ただし当社では、当初の見積金額から極端に値上がりするようなことがありません。諸費用やカーテン、エアコンまで盛り込んでいる見積もりなので、追加費用におびえることなく安心して家づくりが進められます。

 

見積書を比較する際は、プランの内容や含まれている項目までじっくりと比べてお決めください。きっと、「A&Cの見積書なら安心!」ということがご理解いただけると思います。